漫画の部屋

レベルEプレス

「幽遊白書」が最後は自ら打ち切るような形で終了し、編集部と喧嘩しただの 「宗教に走った」だのとスキャンダラスな噂の絶えなかった冨樫義博ですが、 月一連載の「レベルE」ではストーリーテラーとしての実力を十分に発揮しましたね。

このページ、タイトルはアレですが、 別に怪しげな超常現象とか扱ってるわけじゃないので、よろしく(笑)。

最終更新日: 2001.12.26
  一番下へ↓


タイトルリスト

「〜編」のところは私が勝手につけたものです。


ネーミングの秘密

「レベルE」に出てくるキャラクターのネーミングについて、 いくつか取り上げます。

レギュラー陣の元ネタ

レギュラー陣の名前はほとんどミステリ関係から取られてるようです (これはこっちでは?とか突っ込み待ってます)。

筒井雪隆 筒井康隆
江戸川美歩 江戸川乱歩
ドグラ星・マグラ星 ドグラ=マグラ(夢野久作の小説)
クラフト H・P・ラブクラフト
サド マルキ・ド・サド
コリン コリン・ウィルソン
ディスクン星人 ディクスン・カー
エラル星人 エラリー・クイーン
湖南町 コナン・ドイル
コンウェル星人 パトリシア・コーンウェル
坂本庵悟 坂口安吾
夢野九四郎 夢野久作
ラファティ R・A・ラファティ


カラーレンジャーの5人の名前の苗字にはそれぞれの色が含まれているのは、 誰でも気づいていると思います。 しかしNo.14で明らかになるのですが、 名前の方にはその「能力」が含まれていたのです (「清水」は苗字の方にすでに含まれているので例外)。

名前 能力
赤川 太陽
清水 良樹
横田 国光
百地 治 治癒
黛 真夜


マクバク族の王女サキと幹久今日子は、 「芸能人は歯が命」で有名なアパガードのCFの 「サキとミキヒサ」からとったものでしょう。


ところで、バカ王子、バカ王子と呼ばれていますが、彼の本名は一体…!? 実はNo.15の許婚と弟が来る話で、彼の本名が一度だけ呼ばれています。 それによれば、彼の本名は「バカ=キ=エル・ドグラ王子」 だそうです。 つまり「バカ王子」というのはなんのことはない、 単に本名で呼んでただけだったんですね(笑)。

ちなみに彼の弟が「モハン=キ=エト・ドグラ」、 許婚が「ルナ=ミ=マド・マグラ」です。 「バカ王子」の兄に対して「模範」となるのが弟なんですね。 ルナ王女の方は、 出てくる2つの話が「Full moon」「Honeymoon」といずれも月が絡んでくるのと、 「ドグラ星に対するマグラ星」が「地球に対する月」と同じような関係にある、 というところで、月(Luna)からつけられたんでしょう。


超能力者は誰だ!?(如月高校野球部編)

雪隆たち如月高校野球部員が、 部員の一人の超能力によって閉じ込められてしまう話がありました。 しかしこの話は最後まで読んでも、結局誰が「犯人」であったのか、 明らかにしていません。

しかし実は与えられた条件から「犯人」である超能力者を一人に絞ることは可能です。


まず「犯人」はレギュラーの中の一人です。 野村の仮説(実際にはストレスではなく集中力だったわけだが)より、 「犯人」はレギュラーの誰かまたはマネージャーだということでした。 そして実際に会場に来た「犯人」を見かけた美歩がはっきりと 「レギュラーの人」と言っています。

そして夢の「甲子園」から戻ってきた部員達(単行本3巻111ページ)。 ここでユニフォームが汚れている連中は夢の中で戦ってきた、ということです。 すなわち「犯人」ではありません。 ここで見える背番号(1・2・4)からピッチャーの江尻キャッチャーの倉本セカンドの佐藤は除外されます。

「犯人」はあくまで松川商との戦いは「夢」だと思い込んでいる (「松川商との決着?」と聞いている)ので、 「松川商との決着はこっちでつけねーとな」と言っている主将の岩田、 およびその「夢」の内容を理解しているファーストの所沢も除外されます。

「犯人」は腕や首などの一部だけ見えていますが、 この肌の色から色白のサード・金光も除外されます。

1年のセンター・野村は 1年前の「松川商」との戦いを知っているはずがないので、 やはり除外されます。

レフト・筒井は、 美歩たちが「犯人」のことを「レギュラーの人」だの 「彼」だのと呼んでいることから、除外してよいと思います。

以上の消去法により、ショートの寺門だけが残ります。 よって彼が「犯人」でしょう。


←漫画の部屋へ
→ジャンプ関連リンク
→漫画関連リンク
!新着情報

↑↑趣味の館へ

KTR:ktr@bf7.so-net.ne.jp